メリット工法の仮設要領


1. メリットコーンにセパレータをセット


工具を用いず素手でセパレータをねじ込むだけで簡単にセットできます。

2. メリットフォームの組立て


メリットフォームを枠建てするとメリットコーン挿入用のスリット(溝)ができます。この溝にメリットコーンを挿入してください。穴あけは全く不要です。

3. Uクリップで緊結


挿入されたメリットコーンとメリットフォームをUクリップで一緒に緊結できます。(一本のメリットコーンで最大7,000kgの引張力に耐えることができます。)

4. メリットホルダーによる緊結


メリットホルダーを使用して、バタ材とメリットフォームを緊結。メリットホルダーは必ずメリットコーンと同じリブの隣の穴に差し込みます。

5. 仮設材の取り外し


コンクリート打設後、仮設材を取り外すと、左の写真のようにメリットコーンが残ります。これはメリットスパナで1回転させれば、後は素手で簡単に取り外すことができます。

6. メリットピースの埋込み


メリットコーン取り外し後の埋込みは、モルタルの代りにプラスチック製の打込みピースがあります。1~6の作業は、熟練を要さず、きわめて簡単にできます。

大型パネルの仮設要領

必要機材

■メタルフォーム ■メリットフォーム ■バタ材(単管パイプ48.6×2.4または角パイプ50×50×2.3) ■Uクリップ ■ホルダーピン 
■ハイテンションセパレータ(壁厚に応じて任意の寸法をお選びください) ■メリットコーン 9φ ■メリットホルダーまたはクランクフック(ただしクランクフック使用の場合は3型座金が必要です)

仮設手順

1. メリットコーンにセパレータをセットする

2. Uクリップでメタルフォームとメリットフォームをジョイントする

3. メリットホルダー(またはクランクフック)により、縦・横のバタ材を取り付ける


(注)その際、メリットホルダー(またはクランクフック)は、必ずメリットコーンを差し込む溝の横隣りのクリップ穴に差し込み、横バタ材はメタルフォームのジョイント部に平行になるよう取り付ける。

4. セットしたメリットコーンの平板部分をメリットフォームの溝に差し込む

5. ホルダーピンをクリップ穴に貫通させてカンザシ状に緊定する

6. 大型パネル完成